2016年11月12日土曜日

現代都市政策研究会2016年9月例会感想


(2016年9月例会感想) 

「都市をたたむ」を聞いて
T.     S.



  今回は首都大学東京の饗庭先生から「都市をたたむ~人口減少時代の都市計画はどのようにあるべきか、具体的な事例を通じて考える~」についてのお話を伺いました。印象的だったのが、人口が減少していくことは変わらないので、これからの時代、自治体に求められるのは地域間での人の奪い合いではなく、人口減少に適応した政策を考え、マネージメントしていくことであるという先生のお言葉でした。

  私は大学時代に欧州の比較都市史研究を専門とする教授の下で学んでいたことがあり、その頃に、コンパクトシティ政策等についても少しかじったことがあったので、今回のお話は大変興味深いものでした。例えば、ヨーロッパの都市(例えば、ドイツやフランス、イタリア等)の場合、中世時代の都市形成の特徴として市民が暮らす巨大な都市の周りに外敵から身を守るための、あるいは内部統治のための街壁を形成した結果として、現代のヨーロッパ都市は街壁を環状線へと変貌させ、郊外や他の都市と交通網を結んだ、そもそもの都市形成がコンパクトシティに馴染みやすい発展を遂げたと学んだことがあります。

他方で、今回の先生のお話では、日本における都市空間の拡大・縮小の特徴として、スプロールからスポンジへの変容があげられるというものがありました。日本は、戦後の農地解放によって中規模土地所有者たちの個々の意思決定によって土地が切売りされた結果として、ぽこぽこと虫食い的に土地が切開かれて拡大(スプロール)していき、逆に人口が減少する際には、空き家が点在し始め、スポンジ状に都市が小さくなっていくというものです。これらの話を併せると、日本の都市空間の拡大・縮小の特徴は、今後の人口減少時代において、大陸の先進国と同じには語ることができない、特有の難しさがあるのではないかと感じさせられました。

また、先生が実際に関わった事例として国立市谷保の空き家のお話がありました。大きい家で借り手が見つからず、そのままになってしまっていた家をいかに活用するかという事例で、大家さんや地域住民に受け入れてもらうために、建築士と大学の先生が学生や地域住民を交えた検討を行い。シェアハウスとしてできるだけ多くの人々で費用分散を図るというものでした。ポイントはあえて行政や民間のディベロッパー等を利用しなかったということでした。特に行政を利用しなかったのは、公的資金を投入するとなると、協議会等に諮る関係で、計画作成だけで3年かかってしまったりする等、意思決定に時間を要するからとのことでした。

  空き家問題については、私自身が東京出身で、東京の自治体で働いてみて少し驚いたことの一つで、比較的、人口流入の傾向にあると思っていた東京においても、空き家問題が顕在化し、地方都市だけの問題ではない、今後の東京の課題の一つなのだと知りました。この空き家問題については、私が仕事で高齢介護分野にいるときに実務で少し関わったことがあるのですが、確かに、行政で公的資金を投入するとなると、調査や評価に時間がかかります。また、行政主導で公的資金を投入するとなると、どうしても福祉分野や子育て分野の建物として活用できないかという話がでます。しかし、空き家は多くの場合、古い物件で、建築基準法の用途変更やバリアフリー法関連、消防法等のハードルを越えることが難しく、これらの分野での活用がとても困難である印象です。また、おそらく、今後もこれらの基準を緩和させることは、難しいのではないかと考えられます。

ですので、今回、伺った事例のように地域の人を巻き込んだ住民主体の活用方法の模索や住民主体の活動は、今後の先駆けとなる事例だったのではないかと思います。また、今後は、行政もこのような主体的に活動する団体を支援できるよう、早い段階で関係法令等の専門的な観点から助言や、求めのある場合には提案等を行えるような体制づくりをしていくことが必要とされているのではないかと感じました。

  今回のお話は、学生時代にゼミでやっていた内容にも関わりのある話でありましたし、実際に自分が行政で働いて現実の難しさを知った事例とも関係する話であったので、とても刺激的でした。皮肉にもこれからの人口減少の中で、高齢者として生きるのは、実は自分自身であったり、自分たちの子供たちの世代であると思うので、私が将来、このような分野で関わることがあった時に、行政に対して、求められるものを実行に移せるよう、今後も知識や経験を積み上げていきたいと思います。

現代都市政策研究会2016年11月例会案内


現代都市政策研究会201611月例会


 変わりゆく多様性のまち 渋谷駅~代官山駅を歩く



渋谷のまちの特性は多様性(ダイバーシティ)にあります。渋谷区景観計画においても、基本目標を「多様な界わいが共存する都市」としています。これは、渋谷駅周辺でもセンター街と青山通りは異り、歩いて行ける距離に代官山、松濤の住宅街、奥渋谷の神山町、原宿、青山といった個性的な街があることを示します。

この渋谷の街の魅力を発信しているのが「渋谷コンシェルジュ」のみなさま。渋谷を深く知り、渋谷が大好きな人の集まりです。今回は「渋谷コンシェルジュの会」が今年1月に発行した『渋谷まち歩きレシピ』を片手に、変わりゆく渋谷の迷宮を巡ってみようという企画です。

ゴールの代官山駅では、「渋谷コンシェルジュ」のメンバーと、東急東横線線路跡地を活用した最新スポットのログロード代官山で、話題のクラフトビールを飲みながら懇親会をしたいと思います。(文責 早川)



1.日  時 20161127日(日)午後2時~午後5時(雨天決行。終了後懇親会。)

2.集合場所 渋谷ヒカリエ11階スカイロビー(エスカレータホール北側の渋谷駅周辺模型前)

※当日の緊急連絡先 早川携帯090-8800-4415 室地携帯080-5403-2485

3.案内人  代表の玉井美歌男氏ほか一般社団法人しぶやコンシェルジュの会の方々

4.懇親会  ログロード代官山内スプリングバレー 一人3千円程度の予定

5.参加連絡 懇親会場の予約が必要なため、参加者は11/20(日)までに都市研MLまたは早川アドレスj-hayakawa@kss.biglobe.ne.jpまでメールをください。

6.主な見どころ

   渋谷ヒカリエ  渋谷駅周辺の将来模型を見ながら再開発の概要を把握します。

   文化総合センター大和田  東急文化会館にあったプラネタリウムを移設した区施設。

   代官山ヒルサイドテラス  旧山手通りに面する槇文彦設計の複合施設。

   旧朝倉家住宅  元東京府議会議長の朝倉虎治郎によって大正8年建てられた重要文化財。

   代官山アドレス  旧同潤会アパートを市街地再開発事業で建替えた集合住宅。

      ログロード代官山  代官山駅に隣接する東横線線路跡地を利用したログハウス風商業施設。