2015年1月7日水曜日

現代都市政策研究会2015年1月例会

テーマ「『仕事の継承』と自治体職員の働き方」


講師 嶋田暁文氏(九州大学准教授)


1.日時 2015年(平成27年)1月25日(日) 午後2時~午後4時30分

2.場所  三鷹市市民協働センター 1階ミーティングルーム
(住所)三鷹市下連雀4‐17‐23  三鷹駅南口から徒歩15分ぐらいのところにあります。
※いつも開催される三鷹駅前コミュニティーセンターとは場所が違いますので、お間違いないようにして下さい。


こんにちは。九州大学の嶋田暁文と申します。今回僕は、大きく分けて、二つの論点について問題提起し、議論させていただきたいと思っています。
第1に、大量退職時代に、どう仕事(知恵や暗黙知の世界を含めて)の継承を図るか
という論点です。第2に、自治体職員ならではの存在意義とは何か、どのような働き方をすれば、それを発揮できるのかという論点です。
第1の論点については、正直、今回ご要望を受けてはじめて真剣に考えました。
なので、やや冒険的にいろいろな話をすることで、むしろ皆さんの考え方を少しでも
引き出せればと思っています。第2の論点については、拙著『みんなが幸せになる公務員の働き方』(学芸出版社、2014年)で詳細に論じましたが、その後に考えたことも含めてお話できればと思っています。もし可能でしたら、上記拙著に予めお目通しいただけると、議論がより深まるのではないかと思います。
現代都市政策研究会の場は、僕にとって、学部生時代からの先生たちが集まっている
場所であり、研究者同士の研究会よりもずっと怖い場所です(笑)胸を借りるつもりでぶつかりますので、ご指導のほどよろしくお願いいたします。(文責 嶋田暁文)

※(参考文献)「みんなが幸せになるための公務員の働き方」嶋田暁文著 学芸出版社 2014年




 (都市研2月例会予告)
.日時 2015年平成27年)2月22日(日午後2時から午後4時30分
.テーマ(仮題)「国際交流と共生」
.講師 村田 敦司氏(武蔵野市国際交流センターコーディネーター)
 当日は、村田さんの他、留学生3名が参加し、お話を伺う予定です。